忍者ブログ

日々徒然でもない日常

最近TSUTAYAの旧作が100円になったから、毎週数本ずつ借りて充実。

2017/11    10« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こわれゆく世界の中で』 2009.8.9

47b9fe04.jpeg監督 アンドニー・ミンゲラ
出演 ジュード・ロウ/ジュリエット・ビノシュ/ロビン・ライト・ペン/マーティン・フリーマン ほか

製作 イギリス/アメリカ 2006年
時間 119分

ジャンル ロマンス・ドラマ

あらすじ
ロンドンのキングス・クロス。建築家のウィルは、この地区にオフィスを開き、都市再開発の巨大プロジェクトを請負っていた。私生活では映像作家リヴとその娘と暮らしていたが、心のバランスを崩して苦しむ娘の存在がリヴとウィルの間に暗い影を落としていた。そんな時、彼のオフィスが2度も窃盗の被害に遭う。やむを得ず自ら夜のオフィスを見張り始めたウィルは、やがてオフィスに侵入しようとしていた少年を発見、少年の身辺を探るうち、次第に彼の母親アミラに心惹かれていく。

*****

面白いというよりも、考えさせられるっていうか、、、何が言いたいのかがちょっと小難しい感じ。

でも、面白いのは面白いんだよ。ただ淡々と進んでいくから前半がちょっと厭き気味になった^^;
ヒロインの二人は、対照的な美人さんで主人公のウィルはもともと10年付き合ってたリブとの関係がギクシャクし始めて、新しい愛を捜そうとしているときに、力強く生きているアミラに惹かれていくんだけど、その心理のゆれ具合が納得いかなかった。

まぁ、見てる叶が読み取れなかっただけなんだろうけど、なんか優柔不断っぽかったから、キープ的な感じにみえた。
最終的にはリブとくっつくわけなんだけど、まぁ、どっちの女性と一緒になっても大変なのは変わらないんだろうなぁ。。。。

要するに、人間困難だって思うことがあってもそれから目を背けてはいけない。っていうことなのかな?


★★☆☆☆

拍手[0回]

PR

ミンゲラ監督作品

ミンゲラ監督の作品、なかなか男女の心理描写がよく描けていると思いました。
by ナナ URL 2009/08/10(Mon)16:01:14 編集

Re:ミンゲラ監督作品

たしかに。 察しないといけない部分が多かったけど、でもたぶん誰にでも経験あることなんだろうね。パートナーとの距離感が変わって行ってしまうっていうのとかもあるだろうし。。。日本人はなかなかそういうことを口にはしないけどさ^^;

それぞれの生き方が比例して、きちんと描かれていて良かったよね^^
2009/08/10 16:40
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

Run&Walk

頑張る!!

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
性別:
女性
趣味:
読書のはずが・・・

GACKT × 眠狂四郎

読書メーター

叶の最近読んだ本

最新コメント

[07/01 ゆう]
[06/02 母]
[10/19 なな]
[09/28 なな]
[08/10 ナナ]

最新記事

最新トラックバック

バーコード

ブログ内検索

カウンター

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 日々徒然でもない日常 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]