忍者ブログ

日々徒然でもない日常

最近TSUTAYAの旧作が100円になったから、毎週数本ずつ借りて充実。

2017/07    06« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

9月の鑑賞メーター
観たビデオの数:7本
観た鑑賞時間:544分

天地明察 (岡田准一主演、宮崎あおい出演) [DVD]天地明察 (岡田准一主演、宮崎あおい出演) [DVD]
良かった。ラストとか、結果が分かってたのにハラハラした。私的に一番の山場は竹村さん(?)の手紙のシーンだった。泣けた。 ★★★☆☆
鑑賞日:09月29日 監督:
最強のふたり最強のふたり
思ってたよりもイマイチかも。もっと絆の強くなる過程が分かればいいのになぁとは思ったけど、言葉にしない信頼感とかは端々で見れて良かった。何年かしたらまた見たい。
鑑賞日:09月29日 監督:エリックトレダノ
キス&キル [DVD]キス&キル [DVD]
軽く見れるアクションが見たくて借りたんだけど、期待通りだった アクションもちゃんとしてたし、コメディ色も程よくあって見てよかった(*^o^*) ★★★★☆
鑑賞日:09月24日 監督:ロバート・ルケティック
ターミネーター4 コレクターズ・エディション [DVD]ターミネーター4 コレクターズ・エディション [DVD]
観たことないと思ってたけど、徐々に思い出した( ̄∀ ̄) 1とかに比べてスケールがちがくて、見ごたえはあるよね。 ターミネーターが凄い強くない(*_*)びっくりだよね(・_・;) ★★★☆☆
鑑賞日:09月22日 監督:マックG
40女と90日間で結婚する方法 スペシャル・エディション [DVD]40女と90日間で結婚する方法 スペシャル・エディション [DVD]
1話1話が短いからサクサク見れて、最後の展開にビックリ(*_* 短いからこそなのか、引き込まれ感がすごかった。次はどうなるの!って。 ★★★☆☆
鑑賞日:09月17日 監督:
バイオハザードIV アフターライフ ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]バイオハザードIV アフターライフ ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]
再観。アクションがすごい。アリスが人間になったのにあまり変わらないねぇ。 が楽しみだ(^O^)
鑑賞日:09月16日 監督:ポール・W・S・アンダーソン
あなたへあなたへ
とても良い映画だった。館内は年配の方ばっかりだったけど、若い人も見てほしいと思う。 散骨後の高倉健の表情がさすが。 ★★★★☆
鑑賞日:09月01日 監督:降旗康男

鑑賞メーター

拍手[0回]

PR
ジュリエットからの手紙』 2012.06.01

5693a184.jpeg
監督 ゲイリー・ウィニック
出演 アマンダ・セイフライド / バネッサ・レッドグレープ / クリストファー・イーガン ほか

制作国 アメリカ
制作年 2010年
上演時間 105分

ジャンル ラブストーリー
原題 Letters to Juliet
オフィシャルサイト http://www.juliet-movie.jp/


あらすじ

シェイクスピアの戯曲「ロミオとジュリエット」の舞台となったイタリア・ベローナを婚約者のヴィクターと訪れたソフィーは、ジュリエットへの恋愛アドバイスを求める手紙への返信を行うボランティアグループに出会う。そこで、ソフィーは50年前に書かれた手紙を見つけ、返信すると、手紙を書いた本人のクレアとその孫のチャーリーが現れ……。

*****

久しぶりにラブストーリーでよいものを見た。
イタリアの町並みもきれいだったし、心の揺れ動く感じがとても丁寧に描けてて最後まで引き込まれる作品。

クレア役のバネッサ・レッドグレープはともても素敵な役で、こんなお友達が欲しいと思った(笑)

クレアの恋とソフィーの恋。両方がそれぞれによい恋愛になっていて、我がままを言えば、もう少しクレアの恋話をききたかったかも。

お勧めの作品。

★★★★★

拍手[0回]

5月の鑑賞メーター
観たビデオの数:5本
観た鑑賞時間:392分

ラスト・ターゲット [DVD]ラスト・ターゲット [DVD]
何でそんなに命を狙われてるのか全然解らなかったけど、雰囲気は好きかな。★★★☆☆
鑑賞日:05月28日 監督:アントン・コービン
デビル [DVD]デビル [DVD]
結構おもしろかった。あらすじを見て面白そうだなぁって思ってたけど、期待を裏切らず、最後まで楽しく見れた。 ジャンルはホラーでもあんまり怖くなかったし、ラストもよかった。エレベーターの中の様子を「見させられてる意味」っていうところで、刑事さんは分かるけど、警備員の彼はどういう役どころだったんだろう?
鑑賞日:05月27日 監督:ジョン・エリック・ドゥードル
オルトロスの犬 DVD-BOX (6枚組)オルトロスの犬 DVD-BOX (6枚組)
★★★★☆
鑑賞日:05月25日 監督:
全然大丈夫 [DVD]全然大丈夫 [DVD]
もっとコメディっぽいのかと思ってたけど、そんなことなかった。あかりのちくわ好きにちょっとやられた。誕生日に手作りちくわをつくってくれる恋人にかなりときめいた(笑)みんな不器用で、つらくてもめげずに進む感じが好感。★★★☆☆
鑑賞日:05月20日 監督:
映画ドラえもん のび太と鉄人兵団 [DVD]映画ドラえもん のび太と鉄人兵団 [DVD]
しずかちゃんが大活躍だ。リルルが消えるシーンで涙
鑑賞日:05月12日 監督:

鑑賞メーター

拍手[0回]

処刑人』 2012/04/21

1589611b.jpeg
監督 トロイ・ダフィー
出演 ウィレム・デフォー / ショーン・パロチック・フラナリー / ノーマン・リーダス / デヴィッド・デラ・ロッコ ほか

制作国 アメリカ
制作年 1999年
上映時間 110分

ジャンル サスペンス・アクション・犯罪(RG-12)
原題 THE BOONDOCK SAINTS

あらすじ

敬虔な二人の兄弟が悪人を処刑せよとの神の啓示を受け、その通り行動するバイオレンス・アクション。サウスボストンに住むコナーとマーフィーのマクマナス兄弟。二人は行きつけのバーでロシアン・マフィアとトラブルを起こし、自宅を襲撃され相手を殺してしてしまう。事件は正当防衛が認められ無事釈放されるが、留置場の中で彼らは、神から“悪人を処刑せよ”との啓示を受けていた。出所した兄弟は早速大量の武器を調達し、ロシアン・マフィアのボスが集まるホテルへ向かう……。


 いまの世の中、間違ってると思いませんか?
 法で裁けぬ悪人どもに、“死の制裁”を!


*****



普通のスカッとするようなアクションが見たくて借りたんだけど、そんな簡単なものではなかった。

でも、出だしの教会のシーンから、もうグググッっと引き込まれた!!
ああいう雰囲気のある所はすきだなぁ。

内容てきには、あらすじの通りだし、アクション的にもちょっと低いのかなぁって思ったりするんだけど、まぁ、処刑人に成りたてで色々と映画を真似て実行していくのは面白かった。
えー。本当にうまくいっちゃうの?って(笑)

あと、殺す時の祈りの言葉というかそのときの兄弟の美しさといったら!!!
いやぁ、腐な魂がうずいてしまうよ。。。。

マフィアの会合でのシーンで、モノクロの箇所、弟がとどめを刺す前に何か言ってるよね???
なんて言ってるんだろう。やっぱり祈ってるのかなぁ?



適当に言いたいことだけ書いてしまった。。。
個人的には結構おもしろかったけど、映画として、内容でみるなら微妙かなぁ。

まず、設定が甘い。

トイレを落として、兄がビルから飛び降りるシーンとかまずあり得ないし。
もちろんそういうのを売りにして、そういう世界で生きてきてる人とかならあり得るけど、設定では普通に肉加工工場の従業員なんだよ。いくら、弟を助けるためとはいえ、ビルから飛び降りたりしないし。しかも、飛び降りた先には悪者がいるとか、その悪者のおかげでほぼ無傷とか、信じられん。

啓示を受けた後も、なんだか殺しに行くのが楽しそうな感じだし、もうちょっと何か思うところがあってもいいのでは??と思わなくもないかなぁ。
ただ、この兄弟はきっとお互いがすっごい大事なんだろうな、っていうのは伝わってくるから、案外それ以外はクールなのかも。。。。

そんなかんじの場面が多い。
行き当たりばったりっていうか、計画性がないんじゃない??ってちょっと思う。
それでなくてもマフィアとか暴力的な人たちを相手にしてるんだから、もっと下調べとかしようよ(汗)
そんなんだから、お父さんと銃撃戦になったり、最後で捕まって仲間が殺されちゃったりするんだぞ。


★★★★☆

  光る剣を振り下ろすとき我が手は審判を得る
  我が敵に復讐を誓いこれを倒すであろう
  主よ 我を聖人の一人にお加え下さい。

  人の血を流した者は男により報いを受ける
  その男とは神に許された者なり
  悪なる者を滅ぼし、善なる者を栄えさせよ―

  主のために守らん
  主の御力を得て
  主の命を実行せん
  川は主の下へ流れ
  魂はひとつにならん
  父と子と精霊の御名において―

  決して罪なき者の血は流すな
  だが悪を行う者の血は川のごとく流せ
  黒い翼を広げた男たちが神の裁きを下すであろう―

拍手[0回]

スライド』 2012/04/21

f9e41e04.jpeg
監督 グレッグ・ハリソン
出演 コートニー・コックス / ジェームズ・レクロス / アン・アーチャー ほか

制作 アメリカ
上映時間 78分

ジャンル サスペンス

原題 NOVEMBER


あらすじ

 恋人のヒューイが殺されたショックから立ち直ろうとしていたソフィー。ところが、彼女が短大の講義で使用したスライド写真の中に、事件の現場写真が紛れ込んでいて・・・。


*****


いい意味で裏切られた作品だった。

最初は普通にサスペンスっぽく、強盗に殺された恋人の事件当日の写真が、主人公の職場にあった。っていう出だしなんだけど、同じ時間を繰り返し違う角度から見せてて、ラストで真相がハッキリする。っていう作りは案外好きなんだよね。
ただ繰り返すだけでなくて、この作品では、『否定』『絶望』『受容』と3部作になっていて、
それぞれ別々の結末があるわけなんだけど、真実が分かるのは最後に分かるのがいいよね。
たぶん、(映画の中でははっきりと出してないから、叶の想像になっちゃうんだけど)

ネタばれ注意

真実は『受容』で間違いがないと思うけど、そのラストの意識が朦朧としてるなかで、現実逃避みたいな形で『否定』『絶望』が彼女の頭に浮かんだんじゃないかなぁ。


どの部分が結末でもアリだなと思えることが飽きさせなかった。


★★★☆☆

拍手[0回]

Run&Walk

頑張る!!

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

プロフィール

HN:
性別:
女性
趣味:
読書のはずが・・・

GACKT × 眠狂四郎

読書メーター

叶の最近読んだ本

最新コメント

[07/01 ゆう]
[06/02 母]
[10/19 なな]
[09/28 なな]
[08/10 ナナ]

最新記事

最新トラックバック

バーコード

ブログ内検索

カウンター

| HOME Next >>
Copyright ©  -- 日々徒然でもない日常 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]