忍者ブログ

日々徒然でもない日常

最近TSUTAYAの旧作が100円になったから、毎週数本ずつ借りて充実。

2017/10    09« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

撃つ薔薇-AD2023涼子-』 大沢在昌 ¥740 

1c2132c0.jpeg 出版社 光文社 光文社文庫
 価格 ¥740-
 初版 2001.10

 ISBN10:4334732135
 ISBN13:978-4334732134

 ジャンル ハードボイルド

STORY
AD2023年、東京は組織犯罪が凶悪を極めていた。警視庁は潜入捜査専門の特殊班を新設、謎の麻薬組織への長期潜入を「涼子」に指令した。巧妙に潜入した彼女を待つ、組織内での殺人、対立組織との抗争、狡猾な罠。敵は、味方は、組織のボスの正体は?そして絶望的状況の彼女を救う愛の行方は!?迫力と哀切の長編ハードボイルド。

*****


文庫版での発売と同時ぐらいに買ってはみたものの、題名からして微妙な雰囲気をかもし出していた(あくまで私目線だけど・・・)ために、本棚にしまいっぱなしのまま、ずっと放置していたもの^^;

大沢さんの本好きで、他諸々の本も読んでるし絶対にこの本も面白いに決まってる!って思ってるのに、なかなか読むまでにいたらなかった。

読む本が手元になくなっちゃったから、仕方なく実家までとりに行って読みはじめたんだけど、良い☆

さすが大沢ワールドってかんじ^^

まず、主人公の涼子がかっこいいね^^ こんな女性めったにってかほんとにいるのかどうかわからないけど、かっこいいわぁ(^∇^)
人間関係が複雑に絡み合ってて、読みごたえある。
私はホーさんがお気に入りだったんだけど、最後に死んじゃって可哀相(涙)あの心の動きが書かれてた人物って、涼子のほかにはホーしかいなかったんだよね^^ 涼子に対しての想いとか、あと自分の役割とかに対する考察とか、どれもこれも好ましい(@^◇^@)

なのにー・・・涼子は龍とできちゃうし、ホーは死んじゃうし・・・で可哀相だよ~(┳◇┳)

最後の展開は途中からなんとなく読めてたし、からくりっていうか(あんまり書きすぎるのもネタバレみたいでアレなんだけど←いまさらか?)社長の秘密とかももしかして・・・って思ってたから展開的にはワクワクしなかったけど、最後の最後には納得いかないなぁ・・・><

ああいう終わりもアリなんだろうけど、、、、なんか納得いかない。そんなんで終わらせるわけ? って感じ。

最後が納得いかず微妙なものの、個人的にホーが好きだったので、
★★★☆☆

拍手[0回]

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

Run&Walk

頑張る!!

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
性別:
女性
趣味:
読書のはずが・・・

GACKT × 眠狂四郎

読書メーター

叶の最近読んだ本

最新コメント

[07/01 ゆう]
[06/02 母]
[10/19 なな]
[09/28 なな]
[08/10 ナナ]

最新記事

最新トラックバック

バーコード

ブログ内検索

カウンター

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 日々徒然でもない日常 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]