忍者ブログ

日々徒然でもない日常

最近TSUTAYAの旧作が100円になったから、毎週数本ずつ借りて充実。

2017/11    10« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

木曜組曲』 恩田 陸

2d33747d.jpeg徳間書店 徳間文庫

ISBN4-19-891759-0

定価(税込) 520円

初版 2003年06月06日
読了 2009年05月21日~05月22日

あらすじ
耽美派女流作家の巨匠、重松時子が薬物死を遂げてから、すでに四年。彼女と縁の深い女たちが、今年もうぐいす館に集まり、時子を偲ぶ宴が催された。なごやかなはずの五人の会話は、謎のメッセージをきっかけにいつしか告発と告白の嵐に飲み込まれ、うぐいす館の夜は疑心暗鬼のまま、更けてゆく。やがて明らかになる、時子の死の真相とは?期待の新鋭、待望の長篇ミステリー。
 http://www.tokuma.jp/bunko/tokuma-bunko/1176094267819

*****

うん。面白かったと思う。でも、叶の中ではいつもみたいにぐいぐい引き込まれる感じがなかったかなぁ。

ほんのりサスペンス要素がワクワクさせた。女性5人がお互いに腹の探りあいの状態で推理が展開していくんだけど、そのなかで出てくる心理描写とかはすごくよく書けてて、「ふんふん、おぉー」って^^;そんな感じです。

ラストはひっくり返り、さらにさらに・・・っていうもう皆が真実を隠し持ってて、全部出し切ったかと思いきや、それぞれがまだ胸に残してるものがあるっていう状態でラストを迎えるんだけど、それが、“女”っていうか、したたかさみたいなのが感じられた。

出張に行く途中、駅のホームで買ったものなんだけど、久々に新本を購入しました^^;
行きと帰りの新幹線の中で読んだんだけど、もしかしたらそれが引き込まれなかった原因かもね^^;

★★★☆☆

拍手[0回]

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

Run&Walk

頑張る!!

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
性別:
女性
趣味:
読書のはずが・・・

GACKT × 眠狂四郎

読書メーター

叶の最近読んだ本

最新コメント

[07/01 ゆう]
[06/02 母]
[10/19 なな]
[09/28 なな]
[08/10 ナナ]

最新記事

最新トラックバック

バーコード

ブログ内検索

カウンター

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 日々徒然でもない日常 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]